Top会社情報 > 会社沿革

会社沿革

創業者阿部八十八
創業者 阿部八十八
2代目阿部武廣
2代目 阿部武廣
大正3年阿部八十八 創業者味噌醸造及び小売業、 黄金屋として創業
昭和22年 醤油製造開始
昭和35年 鉄筋コンクリート3階建て新工場完成
昭和36年社名をマルハチ味噌醤油醸造株式会社と改名当初最初の漬物商品“みそ漬”を発売 県外出荷開始
昭和40年自社農場部門を設立漬物専用の第二工場を建設 「羽黒たくあん」「羽黒漬」を発売
昭和43年 阿部武廣 代表取締役就任(第2代社長)
昭和47年社名を株式会社マルハチへ改名 阿部武敏(現会長)入社、営業マンとしてスタート
昭和52年阿部武廣 第2代社長急逝阿部武敏 代表取締役就任(第3代社長)たくあん市場の競争激化によりマルハチ独自の商品戦略を展開 研究室を開設 「雪ん娘」の開発着手
昭和55年 「雪ん娘」空前のヒット商品へ
昭和57年 「りんご茄子」開発着手
昭和59年 創業70年式典挙行 経営理念発表
昭和60年 「りんご茄子」「のっぽくん」発売開始。大ヒットとなる
昭和63年本社・工場 落成・移転 中小企業庁より、経営合理化の表彰を受ける
平成3年「TSUKEMONO フェスタ in 庄内」(第1回)を開催し地域に貢献 中小企業庁より、「中小企業合理化モデル工場」の指定を受ける
平成4年 ひまわり工場及び研究所落成
平成5年 「まるっこ」発売後、大ヒット
平成7年 中小企業合理化モデル工場指定更新
平成8年 優良申告法人として表敬状を受賞
平成9年 山新3P賞の「繁栄賞」を受賞
平成12年 「若もぎ小茄子」「山形のだし」発売後、大ヒット
平成13年第16回優良ふるさと食品中央コンクール「山形のだし」農林水産省総合食料局長賞受賞 資本金を5,000万円に増資
平成14年 第10回山形県漬物展示品評会にて「若もぎ小茄子」東北農政局長賞、「まるっこ」山形県知事賞、「山形のだし」全日本漬物協同組合連合会長賞、各受賞
平成15年創業88周年記念祝賀会挙行 山形県産業賞受賞
平成16年 東京工場落成
4月2日 マルハチ本社 ISO 14001 認証取得
平成20年阿部武敏 取締役会長就任 阿部敏明 代表取締役就任(第4代社長)
平成22年 第3回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰にて農林水産省生産局長賞を受賞
平成22年 第12回山形県漬物展示品評会にて「山形のだし」が最高賞の農林水産大臣賞を受賞
平成23年 6月10日 マルハチ東京工場 ISO 9001 認証取得
平成25年 「とろろオクラ」発売後、大ヒット
平成27年 創業100周年記念祝賀会挙行
平成28年 「若もぎ小茄子」15年連続でなす漬けシェア第一位になる
平成29年 第38回食品産業優良企業等表彰【食品産業部門】<農商工連携推進タイプ>で農林水産大臣賞を受賞