Topつけものを知る > Q & A

Q & A

Q1 なす漬の色が変わってしまうのはどうして?
Q2 どれくらい日持ちするの?
Q3 どうして海外原料を使用するの?
Q4 海外産の野菜は安全?
Q5 お取り寄せはできるの?
Q6 漬物は体にいい?
Q7 塩分が多いんじゃない?
Q8 添加物が入ってる?
Q9 パッケージの裏面に表記されているアレルゲンって何?

なす漬の色が変わってしまうのはどうして?

写真/なす漬

なすのお漬物は空気に触れると色が変わってしまいます。変色させないためには、できるだけ空気に触れないようにするのがコツです。お召し上がりいただく直前に漬け液ごと器に空けるといいですね。
 また、夏場などは一緒に氷を浮かべると、ひんやりとおいしく、変色防止にもなります。
 小分けして、残ったものも液に浸し、空気に触れないようにして、冷蔵庫(0~10℃)に保管してください。開封後は、できればその日のうちにお召し上がりください。



どれくらい日持ちするの?

 あさ漬は開封後できるだけ当日中にお召し上がりください。袋、カップに印字されている賞味期限は、未開封・要冷蔵(0~10℃)での保存の場合になりますので、開封した後に長く保存することはできません。保存する場合は、漬け液がかぶるように袋を輪ゴム等で縛るか、密閉容器にあけて冷蔵庫で保存し、翌日中にはお召し上がりください。
 雪ん娘(あつみかぶ)は開封後漬け液に浸し冷蔵庫で2~3日保存することができます。



どうして海外原料を使用するの?

写真/なす

 なすの本当のおいしさは「暑い気候」の中で培われるからです。もともとなすの原産国はインドです。冬場はビニールハウス内でも栽培されていますが、マルハチでは適地適作の考えで海外でも契約栽培を実施して野菜づくりをしています。その野菜に合った気候で育てることで、一年を通して旬のおいしさをお届けすることができます。

詳細は、こだわりの野菜づくりをご覧ください。



海外産の野菜は安全?

地元野菜と同じように安心してお召し上がりいただけます。マルハチでは地元だけではなく、海外でも契約栽培に取り組んでいます。マルハチの専門の技術指導員が播種から育苗・栽培・収穫までを指導、野菜の種類ごとに肥料や農薬の管理を徹底しています。



お取り寄せはできる?

 できます!
 マルハチでは個人のお客様向けに作りたて直送の通信販売を行っておりますので、ぜひご活用ください。季節の商品を初め20種類以上の漬物をご用意しております。
 また、ご贈答向けのセット商品もご用意しております。
 無料カタログもご案内しておりますので、じっくりご覧になってください。



 詳しくは専用フリーダイヤル:0120-0743-08にお問合せください。
 インターネットショッピングは『マルハチ通信販売』よりどうぞ



漬物は体に悪いのでは?

 漬物はおいしく栄養を取り入れることができる、体にいい食べ物です。
 漬物の原料は、生きていく上で欠かせないビタミン類やミネラル類、食物繊維を豊富に含んだ野菜です。そのビタミン類は加熱によって失われてしまいますが、漬物はその効用を損なわずに食べられる最高の調理法と言えます。



塩分が多いんじゃない?

塩分

 マルハチでは、毎日安心してお召し上がりいただけるように、塩分控えめのあさ漬づくりに日々取り組んでいます。

 昔の漬物は野菜のとれない時期の保存食として食べられていたため、塩分が10%位ありました。
今はいつでも新鮮な野菜がとれるようになり、漬物メーカーの技術も進歩したおかげで、低塩でおいしい漬物がつくられるようになりました。冷蔵庫やクール便などの普及も「低塩化」の貢献として見逃せません。
あさ漬は塩分が少なく、2%前後(昔の漬物の約1/5の塩分)になっています。



添加物が入ってる?

 マルハチではできる限り合成着色料、合成保存料を使用しない商品を開発しています。
 漬物のパッケージの裏面に表示されている「原材料」欄に、使用している「食品」と「食品添加物」が記載されています。その表示において[ ]でくくられたところに記載されているのは食品。[ ]の後に記載されているのが食品添加物です。「調味料」とは昆布に含まれる成分と同じグルタミン酸で一般家庭でも使われている旨味を出すためのもの、「酸味料」とは果物などに含まれている成分と同じクエン酸で体を動かすために必要なもの、「酸化防止剤」とは野菜が変色しないように使われるビタミンCなどのことです。



パッケージの裏面に表記されているアレルゲンって何?

 アレルギーを引き起こす物質のことです。食品衛生法では、特にアレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、発病数、重篤度から勘案して表示する必要性の高い小麦、そば、卵、乳、落花生、えび、かにの7品目を記載するように義務づけられています。
それ以外にもあわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナの18品目についても、可能な限り表示するように推奨されています。これらは直接原材料としての使用だけではなく、調味料や添加物の原料として使用した場合も表示しなければなりません。
 マルハチでは表示義務のある7品目だけではなく、推奨18品目についても使用した場合は表示に記載しています。